Last modified: Sun May 31 1998

第3のメディアがない場合のNTのシステムHDDのコピー

ここで紹介する方法は私が mail で教えてもらったもので、 自分で実践したわけではありません。
この方法を教えてもらった上に私のページで掲載することまで快諾してくれた内村さんに感謝します。
  1. 旧HDDが C: になる状態で新HDDを接続しておく
  2. システム修復ディスクを作成する
  3. ファイルを scopy などで可能な限りコピーする
    この時点では一部のレジストリハイブ (\winnt\prifiles\administrator や \winnt\system32\config の一部) がコピーできないが、ここは後でコピーするので今は気にしない
  4. 新HDD が C: になるようにHDDをつなぎ換える
  5. NT インストール用の起動FDと、 2. で作成したシステム修復ディスクを使って、 新HDDを「修復セットアップ」する
  6. ひきつづき新HDDからNTを起動して、 3. でコピーできなかった 旧HDD のファイルを新HDD にコピーする
    ただし、同じディレクトリにはまだコピーできないので、一旦 \temp など新HDD上の別のディレクトリにコピーしておく
  7. NT を終了し、旧HDD が C: になるようにHDDをつなぎ換える
  8. 旧HDD から NT を起動して、6. で新HDDの \temp などにコピーしておいたファイルを、新HDDの正しい位置に移動(上書き)する
  9. 新HDD を C: になるようにつなぎ、旧HDDは取り外す
  10. 新HDD から NT を起動すれば、前の環境が完全に移されているはず
という手順だそうです。
目次へ